2015年09月06日

ロネッツ唯一のオリジナルアルバム

0ronettes5.jpgこの嬉しいニュースを、JUDYさんのツイートで知ったのでした。フィル・スペクターのプロデュースでリリースされたフィレス・レコード、オリジナル盤のCD化。クリスタルズの3枚も驚きなのですが(特に、「THE CRYSTALS The Crystals Sing The Greatest Hits, Vol. 1」は、お店で飾ってあるのしか見たことなかった)、ここではやはりロネッツ唯一のオリジナルアルバムをピックするですよ晴れ
はい、「Presenting The Fabulous Ronettes Featuring Veronica」。このアルバムをもちろんアナログレコードで(そしてそれを録ったカセットテープで)繰り返し聴いてた10代の頃は、「ヴェロニカって誰? ロニー・スペクターとは別の人? 同じ人なの? なんで名前違うの? エリザベスをリズって呼ぶみたいな愛称なの? でもフューチャリングって何? 3人グループじゃないの?(当時の日本では「featuring 何々」という表記は珍しかった)」など、わからないことばかりでした(笑)。
CD時代になってから聴いていたのは、通称「赤いヤツ」というベスト盤で、何年か前に出たベスト盤も、曲順は入れ替わっているものの、収録曲は赤いヤツと同じでした。で、オリジナルアルバムの「Presenting〜」に入っていて、ベスト盤には収録されてない「What'd I Say(レイ・チャールズ・カバー)」と、「Chapel Of Love(ご存知ディキシー・カップス)」の2曲は、つまりA面のラスト曲と、B面のラスト曲なんだけど、もうね、この曲順で聴けるのが楽しみでしょうがないです。(ま、iTunesで自分でプレイリスト作れるけどね)
posted by た at 00:00| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする