2013年03月20日

かたくなの心(by The Rolling Stones)

JUDYさんのドナ・リンちゃんのツイートからの流れで聴いた「I'd Much Rather Be With The Girls」。この曲のオリジナルは「I'd Much Rather Be With The Boys (邦題「かたくなの心)」として、トガリー・ファイブというマンチェスターのビートバンドなのだけど、元々はキース・リチャーズとアンドリュー・オールダムが作って、ストーンズがレコーディングしたもののお蔵入りになってた曲。ストーンズ本などにきっと詳しいデータがあるだろうけど、レコーディング時期は'65年2月だというから、「Out of Our Heads」の録音時期と被ってる。印象としてはフィル・スペクターを敬愛してたアンドリューの好みが全面に出てる感じね。ブルージーで不良なストーンズのイメージとは異なるからアルバム収録されなかったのかな。(その後'75年に未発表曲集「Metamorphosis」に収録)ちなみにトガリー・ファイブはこの曲を含め2枚のシングルを発表しただけの短命バンドだったよう。(トガリー・ファイブ Ver.はこちら
で、ドナ・リンちゃんは基本的にはトガリー・ファイブ版を踏襲しつつ、ぐっとメリハリのついたアレンジですね。もちろんこれもいいけれど、ストーンズのアレンジを元に、ストーンズよりもさらに♪ドン、ドドン♪とBe My Baby的にやってみたらどうだったんだろう、なんて想像してみる春分の日です。

posted by た at 00:00| 本日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする