2017年03月25日

彼なしのロックンロールを想像することは難しい。

チャック・ベリーの訃報に際し、影響を受けたたくさんのミュージシャンが追悼メッセージを発表してたけど、なかでもロニーたんのメッセージにはわたしも大いに同感しました。

『私はチャック・ベリーの歌詞が好きだった。少女時代、学校へ行く準備をしながら、いつもラジオを聴いていた。チャックが "Up in the morning and out to school"と歌った時、私は興奮して、この歌詞は凄いと思った。なぜなら、私の人生そのまんまだったから。』

ラジオから流れてきたのがチャック先生でなくとも、同じような体験をした人はきっと多いと思います。

Chuck Berry - School Days
というわけで、少女時代のロニーたんを震えさせた曲。 チャック先生の専売コピー「Hail Hail Rock & Roll」も、この曲の中に出てきます。



さて、だいぶ前のことだけど、当時のわたしはGO-GO 3の曲を歌うことに抵抗があって、「こんなキャピキャピした内容を(歌詞を作ったときからだいぶ歳を取ったわたしが)歌ってもリアリティがないんじゃないか」と、ミントサウンドの小森さんに話したら、「チャック・ベリーはおじいさんになっても、"あの娘は可愛いシックスティーン♪ (Sweet Little Sixteen)"と歌ってるんだから、気にしなくていいんだ。それがロックンロールなんだ」と言われ、「そうか、チャックが永遠に10代の歌詞を歌えるなら、わたしだっていいんじゃん」と、抵抗感がなくなりました。(そもそも、チャック先生がレコードデビューしたとき、すでに年齢は20代後半だったんだよね)

わたしが初めて動くチャック先生を観たのは、渋谷の東邦生命ビル(現・クロスタワー)2Fにあったレコード店「すみや」で買ったビデオ、アラン・フリード司会の音楽映画『Rock, Rock, Rock! (1956)』です。(下の動画)正直言ってすごく驚いた。カッコよくって。首の動きや肩の上げ方なんて、まんまキースじゃん。(逆なんだけど)
「すみや」はサントラ盤に強いレコード屋さんで、日本未公開映画の珍しいサントラをけっこう買いました。懐かしいなー。
という、思い出とともに、さよなら&ありがとう、Mr. ロックンロール。

Chuck Berry - You Can't Catch Me


posted by た at 00:00| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする