2017年03月25日

彼なしのロックンロールを想像することは難しい。

チャック・ベリーの訃報に際し、影響を受けたたくさんのミュージシャンが追悼メッセージを発表してたけど、なかでもロニーたんのメッセージにはわたしも大いに同感しました。

『私はチャック・ベリーの歌詞が好きだった。少女時代、学校へ行く準備をしながら、いつもラジオを聴いていた。チャックが "Up in the morning and out to school"と歌った時、私は興奮して、この歌詞は凄いと思った。なぜなら、私の人生そのまんまだったから。』

ラジオから流れてきたのがチャック先生でなくとも、同じような体験をした人はきっと多いと思います。

Chuck Berry - School Days
というわけで、少女時代のロニーたんを震えさせた曲。 チャック先生の専売コピー「Hail Hail Rock & Roll」も、この曲の中に出てきます。



さて、だいぶ前のことだけど、当時のわたしはGO-GO 3の曲を歌うことに抵抗があって、「こんなキャピキャピした内容を(歌詞を作ったときからだいぶ歳を取ったわたしが)歌ってもリアリティがないんじゃないか」と、ミントサウンドの小森さんに話したら、「チャック・ベリーはおじいさんになっても、"あの娘は可愛いシックスティーン♪ (Sweet Little Sixteen)"と歌ってるんだから、気にしなくていいんだ。それがロックンロールなんだ」と言われ、「そうか、チャックが永遠に10代の歌詞を歌えるなら、わたしだっていいんじゃん」と、抵抗感がなくなりました。(そもそも、チャック先生がレコードデビューしたとき、すでに年齢は20代後半だったんだよね)

わたしが初めて動くチャック先生を観たのは、渋谷の東邦生命ビル(現・クロスタワー)2Fにあったレコード店「すみや」で買ったビデオ、アラン・フリード司会の音楽映画『Rock, Rock, Rock! (1956)』です。(下の動画)正直言ってすごく驚いた。カッコよくって。首の動きや肩の上げ方なんて、まんまキースじゃん。(逆なんだけど)
「すみや」はサントラ盤に強いレコード屋さんで、日本未公開映画の珍しいサントラをけっこう買いました。懐かしいなー。
という、思い出とともに、さよなら&ありがとう、Mr. ロックンロール。

Chuck Berry - You Can't Catch Me


posted by た at 00:00| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

赤いスパンコールの靴で

ガルブラHPで、バンタインズ・デーに聴きたい曲10選(わたしとJUDYさんとで5曲ずつ)が載ってます。
0Valentine_2017.jpg

わたしの選曲のプリミティブス、『Echoes And Rhymes』というアルバムから「Turn Off The Moon」と「Till You Say You'll Be Mine」とどっちにしようか迷って、「Till You Say You'll Be Mine」にしたんだけど、そういえば、以前に「Turn Off The Moon」の方はこのブログで紹介してたなーと思い出しました。このときは、この曲はプリミティブスのオリジナル曲なのかと思ってたけど、カバーだったんだね。てか、『Echoes And Rhymes』自体、カバーアルバムだったのでした。
てことで、「Turn Off The Moon」のオリジナルは映画「ロリータ」のサントラに入っていた「ロリータ・ヤー・ヤー」という曲のシングルのB面(つまりこの曲自体はサントラに収録されてない)。歌っているのはスー・リオンという当時の若手女優さん。というマニアックな、でも好カバーですね。
プリミティブスのPVで、トレーシーの赤い靴が、映画「オズの魔法使い」でジュディ・ガーランドが履いていた魔法の靴みたい。

posted by た at 00:00| music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

Ronnie Spector - Darlin'

5月に来日公演があるロニーたん、この曲や、アルバム『The Last of the Rock Stars』辺りからの曲をやってくれると嬉しいけど、どうなのかな。やっぱ往年のヒット曲と去年発売のカバーアルバムからばかりになっちゃうのかな…。(YouTubeで観る限りではそんな感じだけど)
ゴキゲンなシャッフルのこの曲、ライブでやったらすごくカッコいいと思うけどなー。

posted by た at 00:00| 本日の1曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年の文化活動報告。

今年はなんだか体調が安定せず、大なり小なり病院のお世話になることが多くて、活発じゃなかったけれど、目標にしていたミニ・アルバムを発表できたことがわたしにとっての一番のトピック。(配信サイトのbandcampが日本語対応になったので、気軽にDLしてね)
実はバンド等のライブ・パフォーマンスは、もう5年くらい観に行ってなくて(夜遊びすると、たいてい翌日〜数日は調子が悪い)、映画館へも今年は1度も行かなかった。すっかり出不精なのですが、美術展覧会だけは体調の波の合間に行きました。というわけで、今年の文化活動報告です。

今年は強い印象を残す展覧会が多かったです。中でも、DOMANI・明日展、村上隆のスーパーフラット・コレクション展、藤田嗣治展が面白かった。若い作家たちによるDOMANI・明日展は毎年、新美術館で開催されていて、ちょうど現在も開催中なので、観に行ければと思ってます。藤田嗣治展は感想をちゃんとブログに残したいと思いつつ、書けないままなんだけど…。
11月に行ったオランダのモダン・デザイン展も面白かった。観たあと、ディック・ブルーナ本を2冊、衝動買いしちゃったもん。子供の頃からブルーナの「うさこちゃん」の絵本等には慣れ親しんできたけど、彼が若き日に作ったポスターや本の装丁デザインなどの実物を観たら、がぜん興味が湧いてきたから。
それから、下記にはないけど、ギャラリーで観た出久根育展大竹茂夫展も素敵だった。

アートは実物を見てみないと面白さはわからないといつも思う。特に現代美術はヘンなものも多くあって、どこが良いのか?と困惑することもあるけど、理解できなくても、ただ単に面白く感じたり、なんか意味不明の迫力があったり、と感じるのはナマの作品に接しないと経験できないことだから。(てか、わからなくても意味不明でもいいのだ!)カッチョイイ作品を観ると、「わたしもがんばろうっと」とシンプルに思います。音楽もそうだけどね。でもわたしの場合、音楽よりも良いアートに接して感激する方が、"わたしもがんばろう"感は強いな。

2017年はもっと元気になっていろいろと活発にやりたいです。ともあれ、健康第一で。
来年もゆるーく宜しくお願いいたします。皆さま、よいお年をお迎えくださいね。
May Rock'n Roll be with you.


※観に行った展覧会タイトルのリンクはツイッターでのわたしの簡単な感想です。

オノ・ヨーコ|私の窓@東京現代美術館
MOTコレクション 第一部「戦後美術クローズアップ」、第二部「フランシス・アリスと4つの部屋」、大友良英+青山泰知+伊藤隆之<without records - mot ver. 2015>@東京現代美術館
MOMATコレクション展「ちょっと建築目線で見た美術、編年体」@東京近代美術館
DOMANI・明日展@国立新美術館
世界のブックデザイン2014-15@印刷博物館P&Pギャラリー
ルートヴィヒ・コレクション ピカソ展@日本橋高島屋
キューバの映画ポスター展@フィルムセンター
FACE展2016@損保ジャパン日本興亜美術館
カラヴァジョ展@国立西洋美術館
村上隆のスーパーフラット・コレクション展@横浜美術館
萩尾望都SF原画展@吉祥寺美術館
村上春樹とイラストレーター - 佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸 - @ちひろ美術館
麗しき故郷「台湾」に捧ぐ…立石鐵臣展@府中市美術館
中島千波とおもちゃシリーズ画家のひみつ展@松濤美術館
近代風景〜人と景色、そのままに〜奈良美智がえらぶMOMATコレクション@東京近代美術館
平面を超える絵画:インスタレーションと日本画的感性展@ムサ美美術館
サンロクバヤ シンガポール麗しのスタイル@松濤美術館
小林かいち展@吉祥寺美術館
藤田嗣治展ー東と西を結ぶ絵画ー生誕130年記念@府中市美術館
ダリ展@国立新美術館
オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ブルーナ/ADO@オペラシティ・アートギャラリー
ピエール・アレシンスキー展@Bunkamuraザ・ギャラリー
posted by た at 00:00| art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

angel Christmas version

ザ・ブーツのミニアルバム『Planet Dee』の収録曲「angel」の少し長いバージョンを作りました。鈴の音がクリスマスな気分を盛り上げてくれます。気に入ってます。ぜひ聴いてください。

もちろん『Planet Dee』もbandcampBASEにて配信販売中です。引き続きよろしくお願いいたします。

posted by た at 00:00| band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする